弁護士に頼る

最近の傾向としての自転車事故

一般的に、交通事故といえば、自動車同士のものと相場は決まっているものですが、最近では、自転車による事故が急増しています。それは自転車のスピード化やその量や無謀運転の増加や高齢者の増加などによって自転車による交通事故が発生しています。歩行者として自転車交通事故に巻き込まれる可能性も十分ありますから、注意が必要です。そのためには自己防衛として保険に加入しておくことをお勧めします。またいざ当事者になったときには弁護士にサポートしてもらうとよいでしょう。もちろん弁護士特約付きの保険に加入していれば利用できますが、なくても個別に相談をすることはできますが、その場合は報酬費用も念頭に入れなければなりません。

交通事故における弁護士の活躍。

最近の弁護士数の急増もあって、弁護士の仕事柄すぐに裁判を提起する傾向にあります。そのほうが解決が早いのかもしれませんが、内容的に話し合いで解決できそうなものまで、大きな話に展開してしまう恐れがあるので注意が必要です。また無保険車が相手の場合であれば、支払い能力が乏しい場合が多いですので、損害賠償能力が低いことになります。このあたりが現在の課題にもなっています。保険会社は保険契約でかばーできない内容だと支払ってくれません。このように自動車同士だと当然と思われるような支払いですらたちまち困難になることがあります。交通事故はいくら弁護士が活躍しても回収ができない局面も、当然のことながらありますし、司法的な解決はどうしても事後的な解決しか導くことができませんので、まずは当事者にならないことが大事です。

PAGE TOP