相続トラブルの回避

税金に対する基礎的な知識

相続税は資産を相続者が相続することに対する税金なのです。ちょっと複雑な税金の一つです。今までは、相続税を抑えるためには、物を購入したり、子供に対して少しずつ与えて、贈与の範囲を逃れて行っておりました。これは、土地、建物などの不動産を多くもっている人、現金を持っている人が行なっていた方法です。少しずつ移すことで、資産を少なくし、贈与税からも逃れていたのです。しかし、相続者の基礎控除額も来年の法律の改正から少なくなることで、この方法も大変になってきております。法律の改正で、子供では贈与税にかかるのですが、孫ですと贈与に当たらないケースがあるのです。それが、孫への援助です。孫が大学進学などの資金をおじいちゃんが援助する時が贈与税の対象外となってきたのです。

相続税、贈与税の注意点

孫への大学進学などの資金援助を出す場合については、親子関係だけでなく、孫子の関係をしっかり証明する必要があります。その届出をするのであれば、税理士にやってもらうことがいいでしょう。他にも、贈与税申告をするのであれば、税理士に代理で行ってもらうことがお勧めです。土地を贈与した時も贈与税を回避する方法として相続時精算課税の方法を選ぶことで、贈与時には課税されず、相続時に支払う方法もあるのです。その間、その土地、不動産を活用して利益を得られれば、相続税を払うことができるのです。こういった方法は税理士が一番良く知っています。税金はその時点だけのことです。勉強する時間も大変ですので、トータルな面で税金を抑えるためにも税理士に相談するのがベストです。

PAGE TOP